スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライジャケの紐と蜘蛛男。





悲しい知らせが多かった2月

3月6日のキキハウスカップが氷上竿納めとなりそうだ。


2016・2・28  タラジギング


P2273089.jpg



今回の釣行には、正午が初参戦する為、チャラさんのデッカイ車にお世話になる。

なんか毎回遅いだなんだ書かれるので、早く行けば褒められるかと思いきや

早過ぎると叱られた・・・


P2273090.jpg


同じ船に乗るメンバーとの待ち合わせ場所に急ぐも

この日は彼方此方で警察官が検問らしき事をしている。

『この車、停められたら全部調べられるなwクーラーボックスも開けなさいみたいなwww』

などと話していたが、停められる事も無く待ち合わせ場所に時間ピッタリAM3:30に着いた。

ここから、小っさいオッサン正午を乗せ出発!

『遅いんだよぉ~俺AM2:50から待ってらじゃぁ~』 と、昨日から待ってた人みたいな口ぶりで言うので

『早過ぎる!』 と叱ってやった!

待ち合わせAM3:00と伝えていたのは私だが。。



正午は私と中学の同級生で、カレイの仕掛け作りの師匠である。

鮎釣りで再会してから、最近絡む事が多くなったが、

正午の話には 『俺ら昔は・・・』 がよく使われる事に気付いた。

何年生きてんのよっ・・・中学の頃も小っさいオッサンだったのか・・・と

心の中では笑っていたが、本当の正午をこの日知る事になるなど思いもしなかった・・・


P2273091.jpg


船はいつもの千祥丸!

釣座も決まり、正午に私のゲスト用タックルを渡し準備開始。

アベちゃんにジグを頼まれたので、ついでに私のも正午に頼んで買ってもらったが

ピンク系が無かったから、私の頼んだジグを自分で使うと言い出した正午!

まぁ~それで正午が幸せになれるならと思い、快く承諾したが

今度は買った針が無いと騒ぎながらタックルボックスをかましている・・・

結局忘れてきたようで、唯一タックルボックスから出した物と言えば、吸盤式のドリンクホルダーを一つ

クーラーボックスにペタッと貼り付け、金麦を飲み始めた正午には、たまげだ!

酔っ払って海に落ちては危険と思い、ライフジャケットの紐を引こうとしたが失敗に終わった。


P2273093.jpg

道くんグループ


P2273094.jpg

アベちゃん、O坂さんと小っちゃいのは息子

手前の小っさいオッサンが正午で、いつの間にかガマラーだし。


P2273095.jpg

なんでも持ってる男!チャラさん。

金ではなく、ピンク系からスタートのようだ!


P2273102.jpg


チャラさんは、いつものパターンでチビソイからカジカと順調そうだったが

この日最大のトツコムツコが襲った!


P2273107.jpg


この前は、絶対切るなよと言っていたが、『俺の切っていいよ~♪』 と優しいトーンで言ってるし

なんだかこの瞬間は大人に見えたチャラさんだった。


仕切り直して、チャラさんにデカソイ!正午も小っさいソイは釣っていたが

遂に本命のタラがヒットしたらしく騒いでる!

然程大きくないようだが、上がってきタラ何かに背中を齧られたタラだったw

『正午くんらしくていいよwww』 とチャラさんに言われ、少し場が和んだのもつかの間

PE絡んだとか、そこだけ切れとか聞こえてくるが、まぁ~2、3mくらいなら仕方ないかと思い

自分の釣りに集中するが、今度は巻き直すとか、昭和のリールかとか

聞き慣れない言葉が耳に入り始めたその時、背中が凍りつく感じがし、恐る恐る振り返る・・・


P2273113.jpg


出た!蜘蛛男!!

Facebookではスパイダーマンと表現したが、その後

スパイダーマンにしては小っちゃくねがとチャラさんに言われたし、昔から生きてたみたいなんで

正午の正体は妖怪・蜘蛛男とする事にした。

あれほど頼まれない事はするなと言ってたのにこの様だ!

風に煽られ、どんどんラインが出ていくのをケラケラ笑いながら手繰ってるし・・・

無残に痩せ細ったスプールを見た瞬間、めまいでクラクラし

自分のライフジャケットの紐を引きそうになったのは言うまでもない。


P2273108.jpg


蜘蛛男が現れてから、海は沈黙してしまった。

移動中、船の後に一羽の海鳥が飛んでいたので、豆パンを千切って投げてみると食った!

また投げると食った!勿体ないんで止めたら今度は正午も投げ始めた。

見ると鳥っこも咽る様なパンだったが、どんどん海鳥が集まって来た。

ウミネコなのか、カモメなのかは定かではないが

私の横でパンを投げているのは、男ヤモメに間違いなかった。


P2273109.jpg


沈黙を破って出たのがこの日一番!


P2273110.jpg


O坂さんに写真を撮ってもらい、チャラさんから 『満足の一本ですね!』 と祝福を受けた。

そんな大人の様なチャラさんの電動リールも悲鳴をあげ

満足の一本80オーバーを釣り上げ、持ってる男の存在感を放ち、船は港へと帰った。


P2273116.jpg


『俺ら昔は・・・』 蜘蛛男の仲間は、まだ何処かに潜んで居るのかも知れない。












































スポンサーサイト
[ 2016/03/10 23:10 ] | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。